お肌のお手入れの仕方

自分は生まれつきアトピーを患っていて、お肌の手入れは昔は繊細でしたが、最近は洗顔の後に豆乳イソフラボン入りの化粧品使うことによって、肌荒れもせず、お肌に浸透しやすいので使っております。

こだわりは豆乳イソフラボンです。

昔は色々試したけど肌に合わずなかなか化粧ののりも悪くだめでしたが、豆乳イソフラボン入りの化粧水と乳液使うことによって化粧するはだののりが良くてずっと続けてます。

気をつけてることは毎日欠かさないことです。

1日忘れたときは化粧ののりも良くなく肌がカサカサ状態になるので忘れずつけることです
食事面は特にしてません。

ただ野菜を多めにフルーツジュースを飲むことですね。

肌に良いものは取り込んでます。

睡眠と生活の方は仕事の終わる時間もバラバラなので睡眠時間がなかなか同じ時間に寝ることは少ないです。

生活はいつも起きる時間がバラバラでして食事も乱れてなおさら手入れも怠ることは時々あります。

必ず夜はヨーグルトパックしててさらにシートパックして寝るようにしております。

休みの日は日中ヨーグルトパックしながら掃除したりしてケアをし終わった後顔を美容ローラーを使い顔のマッサージをして肌をケアをしております。

お肉なら豚肉をチョイス!食事で健康な肌になりましょう。

私が行なっている肌のお手入れ方法をお話します。

それは少しかけ離れているのではないかと思われるかと思いますが、食事なのです。

断食や偏った内容の食事はしません。

1日3食バランスよく何でも食べます。

そしておお肉を食べるのならば豚肉を選択します。

なぜなら豚肉には傷を修復してくれる力があるからです。

スポーツ選手もたくさん筋肉を使った直後の食事によく摂り入れています。

肌が異様に荒れている時や疲れが目立つ時には豚肉を食べています。

必要以上に脂は摂りたくない時は冷しゃぶサラダにしたり、スープにしたりして野菜と一緒に食べています。

野菜だけだと食べた気分になりませんが豚肉が少量でも入っているだけでも満足感がプラスされます。

タンパク質をきちんと摂ることによって体内温度が上がり、消化も促してくれるので排便も滞りなく訪れます。

腸が綺麗だと不思議と肌も綺麗。

痩せやすい体質も作れるし肌も元気になるバランスの良い食事は、肌のお手入れと切っても切れない事なのです。

高い化粧品を使ったり毎晩パックしたりとお金をかけることだけが肌に良いことではありません。

お金を使う前にまず基本的な日々の生活から見直してみてはいかがでしょうか。